光造型試作

      光造形試作とは、光の紫外線に反応する材料を用いて、紫外線レーザーで硬化させ、層を積み重ねていくことで、精密な立体物を作成する技術を使った試作です。

 

    寸法精度は中程度 納期は一週間程度

<光造形の可能な材質>
・液状の紫外線硬化樹脂

光造形試作のメリット

  • 材質は限られているが、どんな形状も製作可能
  • 切削工法では困難な自由曲面や、複雑な構造、また、アンダーカット形状などに適している。
  • 寸法制度は中程度。やや高額。 納期は一週間程度。
  • どんな形状でも製作が可能。
    (小さくて複雑なものの加工なら、切削加工よりも紛体加工の方が有利。)

光造形試作のデメリット

  • 強い衝撃などに弱い
  • 光に長時間当てたままにしていると、変色してしまう。
  • やや高額になる
  • サポート材や後処理が必要。

粉体造形試作

粉体造形とは、ナイロンや鉄の粉末をレーザーによって焼結させ、層を積み重ねて立体物を作成する技術のことです。

<粉末造形の可能な材質>
材質は主に石膏を用います。

粉体造形試作のメリット

  • 材質は限られておりますが、どんな形状も製作可能。
  • 価格は中程度。納期は一週間程度。
  • ベースの紛体層の上に、薄い紛体焼結層を重ねて製品をつくるので、サポート材や後処理が不要。
  • 鉄の場合は金型として、ナイロンの場合は弾力性があり、強度もあります。
  • どんな形状でも製作が可能
    (小さくて複雑なものの加工なら、切削加工よりも紛体加工の方が有利。)

粉体造形試作のデメリット

  • 表面は、ザラザラ感がある。
  • 加工精度は、中程度。

3Dカラープリンター試作

3Dカラープリンター試作なら、世界最速。ほんの数時間で試作モデルが、フルカラーで作成できます。
石膏などの粉末にインクジェットで硬化剤を吹きつけて、同時に光を照射させながら硬化させ、層を作っていきます。

3Dカラープリンター試作のメリット

  • 造形速度が速い
  • フルカラーで、低コスト、製品単価が最も安い。
  • 建築モデル、医療モデルに向いている。

3Dカラープリンター試作のデメリット

  • 石膏は、硬くてもろい。
  • 未硬化の石膏を完全に除去できない為、表面が粉を吹いたようなざらついた質感になる。

光造形試作の試作事例

光造形試作は、案件の数量、コスト、納期、強度、精度、用途などに応じて最適な方法で対応し、低価格、短納期、精密、高品質な試作品の製作を実現します。

ぜひ一度、お問い合わせください。

用途:光造形
材料:紫外線硬化材
用途:切断部分の展示用機能部品
材料:石膏
用途:ベアリング(粉末造形)
材料:ナイロン
光造型試作(粉末光造形)の試作事例をみる
 

お問合せ・見積依頼

サントー試作モデル株式会社
info@santo-shisaku.jp
〒578-0944 東大阪市若江西新町1-5-26
試作のことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|06-6721-9064
  • FAXでのお問合せはこちらから|06-6721-6431
 

このページの先頭へ戻る