試作品メニュー

試作モデルのメリット

1.多大な費用損出の防止

商品には色々な材質や形があり、加工方法も多種多様。大量に作るために、通常は金型による生産を行います。
新製品の開発設計を行う場合、いきなり金型を作ると、製品の設計に起因する問題や、その他の不具合が発生し、大きな損出を被ることもあります。

そこで、一度製品設計をした商品の試作品を作ることによって、

開発費(金型)のコストを抑えられるだけでなく、より確実なデータの取得することによってスムーズに量産に移行でき、さらに、事前に市場に出た後に発覚する不具合を防ぐことも出来ます。

2.工期の短縮

競合品に勝つには、しっかりとした販売戦略を立てることと、工期を短くすることが大切です。
製品設計から即、金型に移行し品物が出来た後に生産計画を立てるよりも、まず試作品を作ることで、組立やその他の後加工の工程等、完成するまでの工期を決定でき、結果的に工期を短縮することが出来ます。

3.販売戦略の早期作成

量産を行なう前に試作品を作ることによって仕様(材質、形状)の変更や数量の調整がしやすくなります。
つまり、試作品を作ったうえで検討することで、より早期に販売戦略を立てる事が出来るのです。

 

試作加工には、色々な加工方法があります。

当社では切削加工をメインに行い、低価格・短納期・精密高品質を実現し、お客様に満足していただいております。
また東大阪のネットワークにより、切削以外の試作加工なども対応可能です。

<<サントー試作モデル株式会社でお請けできる試作加工一覧>>

ぜひ一度お問い合わせください。⇒お問い合わせフォームへ

 

<< 一般的な試作モデルの加工特色 一覧 >>

加工の種類

型の必要性
(単品の場合)

型の必要性
(量産の場合)

メリット

デメリット

切削

なし

なし

・精度が高い・指定材が多い・納期が短い ・価格が高め

真空注型

・20個以上なら切削加工に比べて安価 ・指定材が少ない

板金(曲げ・切抜)

金属の切削よりも安価

板金(絞り)

少量だと加工代が高くなる

光造型

・比較的安価・納期も短い ・積層になっているため耐久性が悪い

射出成型

・大量生産の場合、安価 ・製作に時間がかかる

鋳物

・大量生産の場合、安価 ・少量だと加工代が高い

レーザー加工

・加工が早い ・材料に限りがある
 

お問合せ・見積依頼

サントー試作モデル株式会社
info@santo-shisaku.jp
〒578-0944 東大阪市若江西新町1-5-26
試作のことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|06-6721-9064
  • FAXでのお問合せはこちらから|06-6721-6431
 

このページの先頭へ戻る